山本五十六

新潟県長岡市が生んだ連合艦隊司令長官、
山本五十六の生涯。

山本五十六とは

山本五十六

山本五十六は、新潟県長岡市の生まれで、太平洋戦争時には、連合艦隊司令長官として真珠湾攻撃を指揮した人物です。

戦争を回避すべく努力していた人間が、その矢面に立たざるを得なくなってしまった歴史の皮肉。

長岡藩の藩是でもある「常在戦場」を座右の銘としていた山本五十六の生涯を、写真と文章で綴ります。

「常在戦場」の精神

長岡藩主の牧野氏は、徳川家康の三河以来の重臣でした。

戦国以来の伝統を守った長岡藩の藩是は、「質撲剛健」を宗とし、「常在戦場」の精神を第一とするものでした。

この常在戦場の精神を色濃く伝承した代表的な人物が、河井継之助と山本五十六です。


「山本五十六.net」が参考になったと思ったら「いいね!」お願いいたします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ