五十六カレーはホテルニューオータニが作った高級カレー

海軍というと、毎週金曜日カレーを食べることで有名ですね。

新潟県長岡市出身の山本五十六に因んで作られたのが五十六カレーです。

五十六カレー

>> 高級レトルトカレー「五十六カレー」をもっと詳しく


長岡市の人であれば、多くの方が知っているレトルトカレーです。

なぜみんな知っているかというと、地元の長岡市の原信といったスーパーで五十六カレーが普通にカレーのコーナーに売っているので、手軽に買うことができるからです。

この五十六カレーは、ホテルニューオータニ長岡のシェフが、旧海軍のカレーの味をベースに、豊富なスパイスや材料を加えて完成させた本格的なカレーで、山本五十六が暑気払いで青年将校に食べさせたという逸話から作られたそうです。

五十六カレーは、越後舞茸入り(220g)と越後の牛肉入り(200g)の2種類があります。

気になる味は、スパイスがよく効いた、とてもオーソドックスなカレーで、野菜の旨みもあって、さすがホテルニューオータニが作ったという感じがします。

舞茸が弾力があって、すごく美味しいですよ。

レトルトですが、高級な味がするカレーです。

私は、よく贈答品としてこの五十六カレーを使わさせてもらっています。

歴史好きの方はもちろん、カレーはみんなに喜ばれるものですし、レトルトカレーにしては高級な部類に入ると思いますので、とてもおすすめのカレーです。


>> ホテルニューオータニが作った五十六カレーの詳細はこちら



五十六カレーが参考になったら「いいね!」お願いいたします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ