山本五十六の誕生~海軍兵学校時代(1884~1905年)

山本五十六の誕生から海軍兵学校時代までの人物像と動向を紹介します。

山本(高野)五十六の誕生

山本(高野)五十六は、1884年(明治17年)に新潟県長岡市で、長岡藩士、高野貞吉の六男として生まれました。

五十六(いそろく)という名前は、父の高野貞吉の年齢をそのまま名前としたためです。


五十六の生まれた長岡藩は、幕末期にあの河井継之助が軍事総督として西軍と戦った藩です。

その河井とともに長岡藩の総司令官として戦ったのが山本帯刀(たてわき)で、後に高野五十六がこの家名を継ぐことになります。

長岡藩は、大勢に流されずに独自の考えをする藩であり、やむを得ず西軍と戦うことになりましたが、この藩の体質とも言うべき頑迷な一途さが、後の長岡の風土を作り上げ、それは五十六にも影響を与えることになります。

阪之上小学校~長岡中学校~海軍兵学校へ

1890年(明治23年)、山本五十六は阪之上小学校に入学します。

この阪之上小学校は、小泉元首相の所信表明演説でも有名になった「米百俵」でできた学校の流れを組んでいる学校です。


その後、長岡中学校(現長岡高校)へと進学、受験勉強に励み、1901年(明治34年)、海軍兵学校に2番の成績で合格します。

入学時に、教官から信念を聞かれた山本五十六は、「やせ我慢」と答えたと言います。

いかにも山本五十六らしい答えです。


1904年(明治37年)、海軍兵学校を11番の序列で卒業します。

五十六が海軍を卒業する前に、日露戦争が勃発していました。

このため、卒業生一同は、内地近海を巡航する実地訓練に出発しています。


翌1905年(明治38年)、五十六は装甲巡洋艦「日進」乗組を命ぜられます。

日進は、当時東郷平八郎が率いる第一艦隊に属していました。

その後、日本海海戦で、山本五十六は左手の指を2本失う重傷を負っていいます。


  

このページの先頭へ