ユーキャンの太平洋戦争の記録

将兵たちから見た太平洋戦争とは。

山本五十六の苦悩と太平洋戦争

太平洋戦争と聞けば、多くの方が真珠湾攻撃を思い浮かべるのではないでしょうか。

太平洋戦争は突如勃発したのではなく、その背後でいくつもの事件が発生し、政府や軍部内での対立や葛藤が渦巻いていました。

山本五十六の苦悩も、このサイトで述べている通りです。

ミッドウェー、ニューギニア、ガダルカナル…。

太平洋に臨む地域では激しい戦闘が繰り広げられていました。

自分がいたあの戦場は、巨大な戦争のどんな一部だったのか。

父や兄弟はどこにいたのか、何を思いながら戦ったのか。

そもそも、なぜ日本は開戦に踏み切ったのか。

太平洋戦争とは一体何だったのか…。


その思いに応える資料として、ユーキャン出版から「太平洋戦争 DVD/ビデオ全10巻」というものが出ています。(DVD/ビデオの写真は当ページの下にあります。)


これは、太平洋戦争開戦に至る経緯を踏まえ、真珠湾攻撃から戦争終結までの3年8ヶ月を総力編集した、当時を克明にたどる実録映像集となっています。

このDVDには、太平洋戦争が起こった原因、開戦に至るまでに起こった事件、他国との利害関係、外交関係なども丁寧に解説されています。

総合監修者は『日本のいちばん長い日』『「真珠湾」の日』『昭和史』など、数多くのノンフィクション作品を発表している作家・随筆家である半藤一利氏です。

特定の歴史観に偏らず事実に基づいて編集した結果、非常に史的価値の高いものとなっています。

過去の事実を知り、今の平和の尊さを感じることのできるこの太平洋戦争のDVDは、後の世代に語り継ぐための記録、あるいは、学校の教材としても、役に立つと思います。

文字だけではなく、映像から学ぶことは多いはずです。

もう亡くなりましたが、私の祖父も、戦争に行きました。

私の祖父も含め、亡くなった多くの人々、この時代に生きた人々のお陰で、現在の平和な日本があると思うと、本当に本当に感謝の気持ちで心がいっぱいです。


当たり前ですが、戦争は、二度と起こしてはいけない。


このDVDで、あらためてそう思いました。


商品の詳細を見るだけでも、心に迫るものがあります。

戦争を知らない世代に、ぜひ見てほしい。


先人たちのお陰で、今の私たちがあるということを、ぜひ知ってほしい。


【太平洋戦争 DVD/ビデオ全10巻】


将兵の目に映った太平洋戦争。史実に基づく詳細な検証映像10巻セット。


>> 「太平洋戦争 DVD/ビデオ全10巻」はこちら


  

このページの先頭へ